人口の歯の効果

白い歯の見える口元

年齢とともに、歯周病になって歯を失ってしまう人は多いものです。歯周病とは、歯と歯ぐきの隙間に食べカスが溜まって歯垢ができ、引き起こされる病気のことです。歯周病になると、歯ぐきに膿が溜まったり、歯ぐきが赤く腫れたりするのです。 ひどくなると、歯垢を形成する細菌が歯槽骨を溶かしてしまい、歯槽骨に入り込んでいる歯根がグラつくようになります。そして最終的には、歯が抜けてしまうことになるのです。 永久歯が抜けてしまうと、二度と歯が生えてきませんから、デンタルクリニックで入れ歯を入れることになります。でも今は、喪失した歯の代わりにインプラント治療が行われるようになりました。そして、インプラントは審美的にも優れた治療法です。

インプラント治療は、歯槽骨に人工歯根を埋め込むことから始めます。ですから、歯槽骨にしっかりと骨があるかどうかが重要になります。 歯周病で歯を失った人の場合には、歯槽骨が溶かされているために、骨量が足りなくなっているケースが多々あります。 そのような場合には、骨移植を行います。そして、上顎骨の臼歯の場合であれば、サイナスリフトやソケットリフトを行う過程で骨移植を行うことになります。 このように特殊な技術が必要ですから、インプラント治療は難しい施術なのです。しっかりとした診断に基づき、技術力のある歯科医師が施術することで初めて成功すると言っても過言ではありません。 ですから、これからインプラント治療を考えているのであれば、まずは、評判の良いデンタルクリニックを探すことです。