歯科助手の待遇

数種類の歯磨き用品

歯科とは主に対象の患者となる方々に対して口腔内などの部分をに侵襲して歯や歯に関する組織の疾病を扱う診療科です。一般的には口腔外科や一般歯科などを総称して歯科と呼称されていることもあります。それに従事しているのは患者の歯の予防処置や診断、治療などをサポートとして活動している歯科衛生士や歯冠修復物や各種技工物を作成している歯科技工士の他に雑務を引き受ける役割として歯科助手があります。一番この業界に入りやすいスタート地点として人気が高いのがこの歯科助手と言われています。この職種のスキルは特別必要なものはいらないというのが主な人気の理由として挙げられています。しかしそれ故に立場上低い位置にあるのも事実です。

歯科助手は必要となる資格がいらないことが多いですが、その他の従事している職種についてはそれぞれスキルが必要になってきます。国家資格も必要になってくるので、すぐになりたいからといってなれるものではありません。このようなこともあって前述でも述べたようにこの業界に入るスタート地点として歯科助手が人気なのです。衛生士と一見すると似たような業務内容となっているところがありますが実際は全然違い、前者の役職は患者の口腔内に触れることは出来ず、あくまで従事してサポートとして補助することが決められています。後者の役職は前者と違って患者の口腔内に触れながら従事し、サポートが出来ます。このようなことが資格を持っているのと持っていないのとで違いが出るのです。